薬剤師の求人は年々増えていってる

薬剤師の求人は年々増えていってる
薬剤師の求人は年々増えていってる

薬剤師の求人に関すること

国家試験に受かって薬剤師になって、薬剤師の求人を見るときに、あまりにも多い職種にびっくりするかもしれません。病院であれば、調剤の他に点滴薬やベッドサイドでの服薬指導があります。一方製薬メーカーであれば化学的なデーターを集めたり、新しい薬を作るための研究室勤務もあります。売るためには学術的な宣伝をするMRという仕事もあります。街で見かける調剤薬局では調剤や在宅訪問など、限りなくすそ野が広い職業です。

扱うものは薬という物質ですが、それを服用して病気を治すという行為は人体という生身の人間に使用されます。副作用について、また治癒の可能性についての不安等を和らげたり納得させる努力は、個々の患者さんに対する思いやりの心がないと出来ることではありません。

そのためにはプロ意識が必要になります。薬に対してはデータを冷静に読み取る科学的な判断を、患者さんに対しては、信頼を持ってもらえるような真心と、噛み砕いて説明できる知識が必要とされます。それだけに、それが出来た時には仕事に対するやりがいを感じることが出来ます。