薬剤師の求人は年々増えていってる

薬剤師の求人は年々増えていってる
薬剤師の求人は年々増えていってる

薬剤師の求人についての現状

私の知人は薬剤師として国立の大学病院で務めています。知人が薬剤科を卒業したときは4年制でしたが、現在は6年制になっており、お金も時間もかかるとのことで大変なようです。そのためか、薬剤師の求人は新卒を採用するところが多くなってきているようです。

知人も資格を取ったばかりの時は就職に悩んだようですが、最初はいろいろな症例を経験して自分のスキルを上げるために給料が安い大学病院を選んだとのことでした。求人としてはネットで検索するとまだまだ募集は多いようで、需要は高いようです。

しかし、薬剤師というのは夜勤もあり、薬を使用しない患者はいないので需要も高く、仕事も比較的忙しいそうです。そこで職場を夜勤のないドラッグストアに変わる人も多いようです。実際、ドラッグストアの薬剤師の給料を見ると、知人の給料よりもだいぶ高くなっています。ある程度経験も年齢を重ねて転職を考える人もあるようですが、採用する側としては長く努めてほしいという希望から新卒をとる傾向にあるため、転職もしにくくなるのではと危惧する声もあるようです。